フケは頭皮のダメージ | フケと痒みは薄毛のサイン

フケと痒みは薄毛のサイン
Home » フケと痒みは薄毛のサイン » フケは頭皮のダメージ
フケと痒みは薄毛のサイン | 06月27日更新

フケは頭皮のダメージ


冬の乾燥する季節になると、フケや痒みの症状が出てくる人が居ます。
肌と同じように、頭皮が乾燥してしまうために起こる現象で、痒みが出たところで対応を間違えると悪化してしまいます。

毎日きちんとシャンプーしていて、清潔にしているはずなのに頭皮が痒い!
そんな方は、根本の原因が「頭皮の乾燥」かもしれません。
皮膚が乾燥すると、角質がひび割れてその下の層がむき出しになります。
この状態は、非常に外部からの刺激に弱く、例えば毎日のシャンプー程度の刺激でも痒みを引き起こす可能性があります。
つまり、一年通して問題ないように見えても冬の乾燥している時期だけは敏感肌、くらいに考えたほうが良いのです。

フケは、ひび割れてダメージを受けた部分がはがれていったものです。
何だかフケが増えたような気がする…と思ったら既に頭が乾燥してダメージを受けているサインだと思ってください。
このトラブルを解決するためには、頭皮の乾燥をケアしなければなりません。

頭皮に潤いを与えるために、気をつけていただきたいのがシャンプーの種類です。
乾燥する時期は敏感肌…といいましたが、洗浄力の強いシャンプーを使い続けていると頭皮の皮脂がどんどん失われてしまいます。
頭皮にある程度潤いを持たせるには、一定の皮脂量が必要です。
また、そうして失われた皮脂をリカバリーしようと、余計に皮脂を多く分泌するようになります。
べたつきが気になるために、もっと念入りにシャンプーをしてしまう…というのも悪循環です。

シャンプーは、通常一日一回の洗髪で使用すれば十分だといわれています。
頭につけるときも、泡立ててから髪に乗せるのが正しいやり方です。
原液をいきなり頭に乗せるのは、頭皮への刺激が強すぎてダメージが大きくなってしまうのです。
洗うときは、指の腹で優しくマッサージするようにしましょう。

乾燥肌と同じように、オイルを塗ってケアしてあげる方法もあります。
このとき、刺激が少ないホホバオイルなどを使うと安心です。

The following two tabs change content below.

フケ痒みは薄毛のサイン編集部

最新記事 by フケ痒みは薄毛のサイン編集部 (全て見る)

top