フケや痒みの原因を考える | フケと痒みは薄毛のサイン

フケと痒みは薄毛のサイン
Home » フケと痒みは薄毛のサイン » フケや痒みの原因を考える
フケと痒みは薄毛のサイン | 06月27日更新

フケや痒みの原因を考える


フケや痒みの原因は、どこから来ているのでしょうか。
フケが出てくる前に痒みが起こっている場合、頭皮に異常が起きていると考えられます。
ここで何も考えずに掻いてしまうと、そこからフケが大量に発生する事態になってしまうことも。
ひいては頭皮に栄養が行き渡らず、抜け毛の原因になることすらあります。
頭皮に痒みが出てきたら、その時点で掻くのではなく頭皮を正常な環境に整えることを考えるべきです。

まず、頭皮が乾燥している場合の原因を考ていきましょう。
頭皮は敏感なので、シャンプーの種類によっては刺激で乾燥していってしまいうのです。
また、汚れや皮脂を気にするあまりシャンプーしすぎると、余計に頭皮が乾燥します。
理想的なのは、一日に一回のシャンプーにし、お風呂に何度も入るならお湯で流すだけにするべきです。

他にも、ヘアワックスやヘアスプレーなどといったヘアケア剤が原因になっている場合があります。
肌が敏感な人は、頭皮に触れるこれらのヘアケア剤が体に合わずに炎症を起こしてしまいますので注意しましょう。
しかも、頭髪の奥なので、痒みがでるまで「体質に合わない」ことに気がつきにくいのです。
このように、もし痒みやフケが出てきているなら、しばらくヘアワックスなどを控えることをお勧めします。

では、脂っぽい頭皮の状態で起こりうるトラブルは何があるでしょうか。
あまり知られていないかもしれませんが、フケが増える原因として、細菌の存在があります。
頭皮に住む常在菌の中には、分泌される皮脂を養分にして生きているものがいるのです。
あまり考えたくは無いですが、カビの一種だといわれています。
そして、皮脂の分泌量が多い人は、この菌が増えやすい環境にあります。
何かのきっかけで爆発的に増えてしまった場合、頭皮に炎症を起こしたり、フケや痒みの原因になるといいます。
頭皮の脂を抑えることも大切ですが、この菌を増殖させない努力も必要です。
カビの一種ですので、ぬれたまま髪の毛を放置したりしないことが防止策となります。

The following two tabs change content below.

フケ痒みは薄毛のサイン編集部

最新記事 by フケ痒みは薄毛のサイン編集部 (全て見る)

top